IH・電磁波が知らない間に体に悪影響

スポンサードリンク


電磁波は、わずか4ミリガウス以上で、子ども達にも危険な影響を与えています。
子どもが、台所のIH調理器の前に長時間立っている事は少ないかもしれませんが、卓上型IH調理器だと、みんなで調理器を囲んで食事をする事はあるでしょう。
そうなると、卓上型IH調理器でも、1時間で100ミリガウスは電磁波を浴びてしまうといわれているので、子どもにも影響が及ぶといえます。

何故、電磁波を浴びると、白血病や、脳腫瘍など、体の細胞がガン化してしまうかというと、遺伝子DNAが壊されて、サイクロトロニン共鳴という働きがおこるからです。
サイクロトロニンとは、放射線性同位体の製造、原子核の人口破壊に用いるものです。

その他、電磁波は、脳のメラトニン分泌を減らしてしまいます。
このメラトニンとは、「若さのホルモン」と呼ばれていて、免疫力を強くして、ガンや老化などを防ぎます。
ですから、メラトニン分泌が低下すると、発がん性の危険は強まってしまうということです。

また、妊婦さんの場合、16ミリガウス以上の電磁場に、わずかな時間でもいると流産のリスクがあると示されています。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2