電磁波の怖さ

スポンサードリンク


家電製品などの電磁波の「安全基準」は1ミリガウスと言われています。
これは、世界の研究者達が認めている値なのです。
しかし、電気メーカー各社は、国際機関の指導目標を甘くして、62.5ミリガウスの範囲なら安全と表しています。
ミリガウスというのは、電界と磁界が絡み合った空間の電磁場の単位を表しています。

子供は、電磁波が4ミリガウス以上になると、子供の脳腫瘍が10.6倍に増え小児白血病も、4.73倍に増えるというデータがあります。
また、IH炊飯器の電磁波で、ペースメーカーも「リセット」させてしまう例もあります。
このデータなどから、電磁波は本当に怖いと言えるでしょう。
しかし、国内のIH調理器は甘い「安全基準」の62.5ミリガウスを超える電磁波を周りに撒き散らしているのです。
それなのに、日本では、IH調理器は人気商品なのですから、「怖い」の一言です。
まだまだ、電磁波の怖さを知らない人がたくさんいる、という事なのでしょう。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2