IH調理器の事どこまで知ってる?

スポンサードリンク


IH調理器ってよく耳にしますが、どういう意味が知っていますか?
電磁誘導加熱(Induction Heating)の略なのです。
どういうことかと言うと、IH調理器の下には、セラミック板があって、その下にぐるぐる巻きにしたコイルがあります。
そこにコンセントから交流電流が流れてきて、強力な磁力線が発生します。
これは、電気エネルギーから、磁力エネルギーに換わった事になります。
そして、その上に鉄やステンレス製鍋、フライパンを置くと、電流が流れるのです。
この様に電流を一旦磁力エネルギーに換え、もう一度電流に戻して、発熱させる変化を、電磁誘導と言います。

この時に、目には見えない強力な電磁波をあびることになるのです。


今や人気のIHには、ビルトイン型と据置型と卓上型があります。
ビルトイン型というのは、システムキッチン調理台に、初めから組み込まれているもので、据置型というのは、流し台のテーブルにはめこめる型になっているものをいいます。
卓上型はテーブルの上に置いて使える型のものです。

今の新築マンションの売りになっているものが、ビルトイン型のIH調理器です。
しかし、卓上型IHに比べ、キッチンタイプは約10倍近い電磁波を出すとも言われています。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2